塗装工事施工例031  アパートリノベーション塗装2

それでは早速施工内容の紹介です

 

まずは屋根からですが下の写真をご覧ください

 

IMG_0151.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒い部品はタスペーサーといって屋根材同士が塗料でくっつくのを防ぎ、

屋根材下の排水と通気を保つための重要な部品です。

屋根材一枚につき2個 屋根全体ではン百個 この現場では千個を超える

数を使用しました

あまりにも重要なので当社では標準装備となっていて、お見積書にわざわざ明記

していなくても施工することになっています。

 

では これをしないとどうなるのでしょうか?

 

 

IMG_1622.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように 屋根材同士をふさいでしまいます

屋根の重なり目のところに白い水の跡があるかと思いますが、

すーーっと排水できずにたまった水が染み出た後ですね

 

IMG_9608.jpg

 

 

 

これをそのままにして上から塗装してしまうわけにもいきませんので

密着している塗膜をカットします

 

 

IMG_9611a.jpg

 

カッターを突っ込んで ガリガリガリ

 

IMG_9613.jpg

 

 

簡単に入るところばかりでなく ハンマーで打ち込んだり

 

IMG_9811.jpg

 

持ち上げると裂けた塗膜の間から排水不良になっていた水がジワリと出て

 

IMG_9618a.jpg

 

塗膜がはがれます  緑の下はオレンジですね

 

こんな地道な作業をして進んだのは数メートル

 

文字通り日が暮れてしまったので、翌日からは機械を投入しました

 

 

IMG_9827.jpg

 

ボッシュやマキタから出しているマルチツールというものがありまして

写真のような円形や半円形の刃を振動させて切削できる道具を投入

 

数倍の速さで詰まった塗膜をカットします(音にご注意)

 

 

 

塗装工事2回分の塗膜と埃の塊がかき出されて気持ちいいですね!

 

機械の力を借りても屋根が広いので丸2日かかりました

 

IMG_0162.jpg

IMG_0164a.jpg

 

緑とオレンジの塗膜が袋に一杯集まりました。

 

IMG_1013.jpg

 

鉄部の目荒らしもしっかり行っ他のちに塗装作業に入ります

 

IMG_1018a.jpg

 

鉄部の錆止め塗装です 金属プライマーとも言います

 

IMG_1047.jpg

 

 

 

屋根材に塗るシーラーです

 

 

 

IMG_1049.jpg

 

主材と硬化剤を混ぜて使用する2液タイプですのでしつかり計量して

混ぜ合わせます

 

 

IMG_1057.jpg

 

色が濃い部分がシーラーが塗られたところです

表面の劣化があるので吸い込みが激しい様子

 

 

 

IMG_1073.jpg

 

広い面積を効率よく塗るために圧送ローラーを使用しました

 

黒い容器に塗料などの材料を入れると細い管上の柄の先についている

ローラーに材料がしみだしてきます

 

IMG_1075.jpg

 

片手で塗料を入れた容器を持つ必要がなく、モップかけのような動作で

どんどん塗れていくので、広い面積の塗装にはとても重宝します

 

IMG_1080.jpg

 

 

IMG_1097.jpg

 

下処理に手間をかけた分 機械を使って効率よく挽回します

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15787106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)