塗装工事施工例 007-2 byさいたま市の外壁塗装専門店 さくらリフォーム

 

 では、作業開始です。

 

毎度おなじみの足場の架設からです。

14足場組み立て.jpg

東側と西側の凹凸や正面側にあとから増設したカーポート、タイルテラスの下のガレージなどの関係で、単管パイプの組み合わせに結構頭を使います。

 

 

 

 

 

15養生シート.jpg

ご近所にご迷惑をお掛けしないように(もちろん事前にご挨拶しています)、防護ネットを張り・・・・・・・

 

 

 

 

16.2 洗浄.jpg

 高圧洗浄開始!!

 今回はガレージ内も半分くらいまで塗装するので、きっちり洗浄します。

 

 

 

 16洗浄.jpg

 高い部分も落ちないように気をつけながら洗浄中!

 

 

 

 16.3洗浄.jpg

 バルコニーの屋根も塗装はしませんが、綺麗に洗浄します。

 

 

 

 

 

 17ケレン.jpg

見た目に派手な洗浄の後は、地道な下地処理が続きます。

ゴシゴシゴシゴシ・・・・

 

 

 

 18ケレン2.jpg

 ガリガリガリガリ・・・・・

 

浮いている旧い塗膜や錆などを落とす作業です。

しつこいようですが、塗装工事はこれをしっかりしておかないとダメですね。

 

 

 19 冷媒管.jpg

状態がよければ塗装で仕上げるだけですが、クーラーの冷媒管の保護テープがベロベローンとなっていましたので、巻き直しします。

 

 

 

 

 

20コーキング.jpg

21コーキング.jpgすっかりおなじみのコーキング。

もちろんノンブリード(低汚染性)。

今回はお客様のご希望によりかなり入念に作業しています。

 

 

 

 

 

12配線カバー前.jpg

23配線カバー.jpg

 こんなところもカバー部材を取り付けてコーキング。

 (左 施工前  右 施工後)

 

 

 

 

 24通気管.jpg

 通気管の根元の部分にも 忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 24.1窓枠パテ.jpg

今回のお宅の問題点です。

一部の窓サッシ(換気扇周りなども)の調整木枠が外部(通常は屋内側)に取り付けられているために、腐食が発生しています。

なぜこのような施工になっているのかは謎です・・・・。

新築時に窓サッシの発注ミスでもあったのでしょうか??

お客様とご相談の上(予算や工期の都合上)、パテ処理で補修して仕上げることとなりました。

 25.2窓枠パテ.jpg

乾燥したら、平滑になるようにペーパーを当てます。

 

 

 

 

足場を組んでから改めて確認。

25木製テラス 現状.jpg北西側の白い木製テラスの腐食部分です。

あ〜結構ひどいですね。触るとポロポロとはがれてきます。

大工さんが上手に組んでいるので、なるべく現状のまま補修する方法を考えないといけません。

ん〜〜・・・・・。

 

 

 26下塗.jpg

下地を整える地道な作業を終えたら、下塗の開始です。

左の写真は、ミスをして怒られて正座しているのではなく(笑)、建物の裏側の細かいところを作業しているところです。

 

 

 

 

28壁下塗.jpg

29下塗2.jpg

下地塗料を縦方向にのせて、横方向に塗り広げます。

 

 

 

 

 

下塗の次は中塗り・上塗り。

27塗料確認.jpgしっかりと使用塗料の確認です。

エスケー化研さんのクリーンマイルドシリーズ弱溶剤特殊アクリルシリコン樹脂塗料

超低汚染(壁面が汚れにくい)・超耐久で、当社でもよく使用する塗料です。

 

 

 

 

 

37上塗り1.jpg38上塗り2.jpgサイディング材の目地に刷毛で塗り、広い面をローラーで仕上げます。

 

 

 

 

 

39雨戸塗装1.jpg

 こちらは雨戸の塗装の準備の様子。

幸いなことに、屋内のガレージがあるお宅だったので、取り外して並べて一気に仕上げることが出来ます。

 

 

 

 40雨戸塗装2.jpg

かなりシンナー臭がこもりますが、シューっと吹付け塗装中。

 

 

 

 

41蛇腹.jpg

 42蛇腹2.jpg

 一部に使用されている取り外せない伸縮式の雨戸は、刷毛とローラーで仕上げました。

 

 

 

 

44雨戸完成.jpg

 43蛇腹完成.jpg

 完成するとこのようにピカピカに蘇ります。

 

 

 

 

 

45雨戸完成取り付け.jpg

 取り付けするとこのようになります。

 

お客様の満足度が非常に高い施工部分ですね。

 

 

 

 

 

46吹付下地.jpg

本邦初登場!

吹付けタイル作業です。

コンクリートのガレージ内の塗装ですが、既に塗装済み部分とあわせる為に下地処理(写真の青い部分 クリックで拡大します)した後に、吹き付けています。

 

 

 

47吹付外から.jpg

あちらこちらに飛ばないようにビニールシートで養生しているために、外から見るとこんな感じになります。中はもちろん修羅場と化しています。(暑さ・臭いなど)

 

 

 

 

 48吹付拡大.jpg

 拡大したのがこちら。

青いのは下地処理の跡。

表面の白く凸凹しているのが吹き付けしたタイルです。

これと似たような甘いおせんべいありましたね。(なんか食べたくなってきた・・・・・・。)

 

この上から塗装を施すと既存の表面と同じになり、綺麗に仕上がるというわけです。

 

 

 

 長くなりそうなので、ここで一旦休憩です。

 

 

 

 写真中央↓

さいたま市の外壁塗装なら!

有限会社さくらリフォーム

いつもありがとうございます♪