遮熱塗料アドグリーンコート認定施工店研修会       埼玉県の外壁塗装専門店さくらリフォーム 

 

弊社が実際に施工させていただいて好評の遮熱塗料アドグリーンコート

 

より正しい塗料の知識と技術を習得するため認定技術者講習に行ってきました

 

埼玉生まれの埼玉育ちの私ですが、緑が少なくなったせいか子供のころから比べて

埼玉県もずいぶん暑くなったような気がします

 

なので今年もおそらく遮熱塗料の施工件数が増えるのではないかと思っています

 

 

 

IMG_0807-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがテキスト  実技を含めてほぼ一日の内容です

IMG_0809-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような講習はメーカーさんの熱意あふれる商品説明と商品アピールで

終わってしまうパターンが多いのですが・・・・・

 

 

 

IMG_0808-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は「正しい施工」について、足場のことや下地処理から始まって

アドグリーンの具体的施工方法までより深く学ぶことができました

 

 

午後からは新しい商品の紹介

 

 

IMG_0813-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場などに多いスレート屋根用の下塗りシーラー 「アドソリッド」です

 

古いスレート屋根はアスベストを含んでいるので塗装前の高圧洗浄を

行った場合 洗浄水を回収しなければなりません(産業廃棄物として)

 

かなりの手間と費用なので高圧洗浄は難しいのが現状です

 

この新しいシーラーは 洗浄できないスレートに塗布してアスベストが

飛散しないように固めて屋根自体を強化するというものです

 

 

IMG_0815-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吸わせることが大切なので、塗装の機材ではなく噴霧器のような

物でバシャバシャかけるのが正解

有機物をとった後ご覧のような汚いスレート屋根にそのまま塗装が

可能となりました

これで工場や倉庫にも遮熱塗装が可能となりました

 

なおスレート屋根内部をを固めるので最終的に解体する際もアスベストの飛散が

抑えられるそうです

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0812-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主剤のアドグリーンコートの方は 「撹拌」から指導です

 

中央で屈んでいる男性は

「時計を見ずに撹拌機で3分間正確に撹拌する」

テストを受けています

 

カップラーメンにお湯を入れて3分待てない私は注意しないといけませんねあせあせ(飛び散る汗)

 

 

IMG_0817.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗料の配り方 ローラーでの仕上げ方の実演の後

 

 

 

 

IMG_0818-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に作業をしています

 

 

扱うものが塗料なだけに、このような作業はなかなかやりにくい面もあるのですが

メーカーさんが用意してくださった会場がgoodだったのでこのような体験が可能

となりました

 

 

座学の終わりに受けたテストの結果が不安ですが・・・・・

正式に認定技術者の通知が来たらまたご報告したいと思います

 

 

 

 

 

遮熱塗装が得意な埼玉県の外壁塗装専門店さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遮熱塗料を金属屋根に! 01        埼玉の外壁塗装専門店 さくらリフォーム

暑い毎日が続いておりますので遮熱塗料のご要望が多くなるわけですが・・・・・

 

 

 

当社でお勧めしている遮熱・排熱塗料にアドグリーンコート という塗料がありまして、今回はその施工のご紹介です。 

 

塗料の素晴らしさはまた別の機会に・・・

 

 

 

これです

IMG_0700.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは施工前の現況です

 

 

 

IMG_0692.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0681.jpg

 

大分 古い建物ですから傷んでいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回か塗装されているのがわかります

 

IMG_0696.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日当たりの良い面は かなり塗膜が劣化しています

 

 

 

 

 

 

 

 

では 早速作業に入りましょう

 

 

 

 

 

 

まずは下処理から・・・・・

 

 

IMG_0705.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棟の下から枯葉やゴミがでてきます

 

 

 

 

 

 

IMG_0704.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮いて剥がれ欠けている塗膜や表面に付着したゴミはゴシゴシ剥がしていきます

 

 

 

 

 

IMG_0710.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目粗しも兼ねてこすっていますが らちが明かないので・・・・

 

 

 

 

 

IMG_0712.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨用のパッドを付けたサンダー登場

 

 

 

 

IMG_0720.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デリケートな部分は金ブラシでこすったりしながら 汗ダラダラです

 

 

 

IMG_0724.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

削りかすはプロアーで吹き飛ばして・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_0747.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面 完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0766.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線劣化の著しい南面も同様に処理していきます

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0773.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部分的な剥がれは簡易補修をアルミテープで行いました

 

 

 

IMG_0774.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0776.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0781.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷みが激しい軒先も同様の処理をします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根塗装の写真が1度も出てこないまま 次回に続きます

 

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

有限会社さくらリフォーム でした

 

 

 

 

遮熱塗料を金属屋根に! 02        埼玉の外壁塗装専門店 さくらリフォーム

下地処理が終わったところで、下塗りに入ります。

 

金属屋根なのでさび止めを塗装します。

 

 

 

IMG_0782.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとお値段は張りますが、硬化剤と主剤が別々のプライマーを使用しています。

 

しっかり計量して混合し、シンナーで希釈します

 

 

 

 

 

IMG_0784.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素地が痛んでいますが軒先から・・・・

 

 

 

 

IMG_0791.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北側の棟から下へ

IMG_0792.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0794.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽熱温水器のパネル裏は周辺部が乾燥してから下塗塗装します

 

 

 

 

 

 

 

一通り下塗りが終わったところで、遮熱塗料アドグリーンーコートの登場です

 

 

 

 

 

 

 

 

開封すると色はグレーにもかかわらず青く見えますね

遮熱塗料の特徴です

 

IMG_0806.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セラミックも入っていますのでよく攪拌する必要があります

 

 

IMG_0807.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

攪拌後に均一なグレーになりました

 

 

 

 

 

 

 

遮熱塗料の1回目〔中塗り〕開始です

 

 

IMG_0809.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の選んだ色が基本色のグレーだったため、下に塗ったさび止めとほぼ同色となっていますが

下の写真は左側 軒部分がアドグリーンコートのN-6グレー色です

 

 

 

IMG_0814.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗料の素材が異なるので塗っている本人にはよくわかっていますが

写真だとわかりにくいですね

 

 

 

IMG_0838.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ埼玉県でも熊谷ほどではありませんが、さいたま市も十分暑いので

特に金属屋根はどうにかしたくなりますよね

 

 

 

 

IMG_0833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0848.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧除け屋根も同色で塗装しました

 

 

 

 

 

 

 

塗装してみて見栄えがよろしくない部分を

再度アルミテープで補修して仕上げ塗装です

 

 

 

 

 

IMG_0895.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0897.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0906.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

煙突の根元部分

IMG_0916.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0917.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保護を兼ねて遮熱塗料を塗っておきました

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0926.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南面屋根   遮熱塗装 完成

 

 

 

IMG_0932.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北面屋根 遮熱塗装 完成

 

 

 

 

IMG_0908.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけの霧除け屋根も遮熱塗料で完成

 

 

 

 

 

真夏の暑さ対策 金属屋根に遮熱塗料アドグリーンコートを施工した事例でした

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0938.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたし めでたし 

 

 

 

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

有限会社さくらリフォームの施工事例でした

 

うちの屋根も何とかしたい という方は 0120-612-446 までご連絡を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さ対策 遮熱塗料アドグリーンコートのご紹介       埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

adg001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adg002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adg003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adg004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adg005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

adg006.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 adg007.jpg

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adg008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adg009.jpg