限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-001           埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

 

 今回の施工事例はかなりハードな内容となっています。

 

 

施工前の現状は・・・・・・

 

 

 s-IMG_4092.jpg

 

旧 甲子園球場のような蔦・・・・

 

 

 s-IMG_4093.jpg

どうだ・・・・・っといわんばかりの蔦・・・

 

 

s-IMG_4104.jpg

 

植物のパワーを感じますね。壁の表面は剥がれています・・・

 

 

 

s-IMG_4106.jpg

 

縦樋の裏側にかなり太い蔓というか枝のようなものがびっしりと生えています

 

 

 s-IMG_4080.jpg

 

上へと伸びた蔦は下屋根の鬼瓦に巻きつき・・・・・

 

s-IMG_4036.jpg

 

棟をつたって窓のほうまで伸びています

 

s-IMG_4029.jpgs-IMG_4087.jpg

 

当然のことながら 鉄部は錆が発生し・・・・

 

 s-IMG_4145.jpg

 

朽ちてしまっている部分もあります(さすがにこれは交換です)

 

 

このような現況ですので、失礼を覚悟の上で「限界に挑む!」とさせていただきました。

 

 

 

 

 

屋根瓦の状況は・・・・・

 s-IMG_4751.jpgs-IMG_4725.jpg

 

  

防水シートがすこーし短かったようで、下地が痛んでいる部分があります。

 

 

 s-IMG_4723.jpg

 

瓦屋根の補修には

 

 

 

葺き直し・・・・雨漏り個所や下地、防水シートを補修後、既存の瓦を再利用して葺き直す方法 割れたり再利用できない瓦は差し替える (完成後の見た目は今のまま)

 

葺き替え・・・・現在の瓦は撤去して、下地・防水シート補修後 新しい瓦で葺く方法 (完成後は新品)

 

 

の二通りありますが、上の写真のように瓦と瓦がラバージョイントされているので瓦の再利用は困難な状況です。

 

ラバーを切って剥がして、再度使用する・・・・・・・手間(費用)が結構かかりますので

 

防災仕様の瓦で新品に葺き替えることとなりました。(この工事は年初から始まり大震災前に完工しています)

 

まずは瓦屋根工事の工事から始まりますので 次回をお楽しみに・・・・続く

 

 

 

 

 

埼玉県さいたま市の屋根工事もできる外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へぽちっとお願いします
にほんブログ村

限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-002 埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

まずは既存瓦の撤去から始めます

 

 s-IMG_4979.jpgs-IMG_4981.jpg

 

 

大分 年数が経過しておりますので粘土の類は乾燥して土(土埃)に戻っています

 

 

s-IMG_4984.jpg

 

防水シートも劣化が進んでいます

 

中央部分で防水シートの材質が異なっていますので、以前に増築をされているようです

(ご主人は記憶にないとのことですが・・・・・)

 

 

s-IMG_4996.jpgs-IMG_4998.jpg

 

既存瓦を降ろしつつ

 

 

 s-IMG_5049.jpgs-IMG_5035.jpg

 

屋根裏に入り込んでいる残土や植物類を掃除して、下地の補修作業となります。

 

s-IMG_5038.jpgs-IMG_5036.jpg

s-IMG_5018.jpg私の指が映っていますが・・・・

 

防水シートが寸足らずであったため腐食し始めていた部分を補修します。

 

 

 

次は下葺作業です

 

使用するのは潟`ャンピオンのチャンピオンです

s-IMG_4763.jpgs-IMG_4760.jpg

 

写真では段ボールの紙のように見えるかもしれませんが、非常に優秀な防水ルーフィング材です

 

名前の通り 「チャンピオン」 なのです

 

 

s-IMG_5058.jpgs-IMG_5062.jpg

 

 

 

ロールを伸ばしながらホッチキスのお化けのようなもので バシバシ留めていきます

 

曲がってずれないように ずれないように・・・・・

 

 

 s-IMG_5029.jpgs-IMG_5117.jpg

 

 

その上から 防腐剤を染み込ませた(緑色)木桟で抑えていきます

 

木桟の所々に切り欠きがあるのは、雨水の通り道です

下葺のルーフィング材の黒い点々のラインも雨水の通り道となります

 

つまり 屋根は屋根瓦で防水しているのではなく、その下に葺いてある防水シート(ルーフィング材 下葺材)で排水しているのですね

 

 

s-IMG_5086.jpg

 

 当然ながら継ぎ目が出てくるわけですが、しっかりと重ねて張り込みます。

 

 

 s-IMG_5089.jpgs-IMG_5114.jpg

 

雨水が上から下へ表面を流れるように、防水シートは下から上へと張っていきます

 

 

 

s-IMG_5118.jpgs-IMG_5119.jpg

 

 上から伝わってきた雨水がちゃんと排水されるように、樋の部分までしっかり葺いています

 

 

外壁塗装と同様に屋根も見えなくなってしまう下地の作業が大事だということがわかります

 

 

 

 

 

 s-IMG_5120.jpg

 

ちなみに廃棄物となった瓦は半分でトラックにいっぱいとなります

 

 

 

 

 

続きは次回に・・・・・

 

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店(屋根もできますよ!)の

さくらリフォームでした

 

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-003     埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

 

さて こちらは下屋根の棟部分 

 

 s-IMG_5169.jpg

棟の部分の防水シートは、黒いポチポチ仕様のものを使用しています

 

勾配の少ないところでどちらに排水されてもよいように、このような仕上げです。

 

s-IMG_5171.jpg s-IMG_5176.jpg

 

そして棟の部分に写真のような金具を取り付けて、棟瓦をビス止めするための受けにします。

 

s-IMG_5297.jpg

 工程が進むとこのようになります

 

 

 

 s-IMG_5190.jpgs-IMG_5212.jpg

 最後に軒面戸といわれる部材(グレーの波型のもの)を取りつけます

 

和瓦はかなり屋根下地との間に隙間がありますので、そこを塞ぐ部材です。

鳥が巣を作ったり、枯葉やごみが入り込むのを防ぎます。

 

 

 

 

 s-IMG_5187.jpg

 

下地が出来上がったところで瓦の搬入となります

 

 s-IMG_5211.jpg s-IMG_5208.jpg

 

 

 

 線状に盛り上がっているのは雨水を返すための防波堤のようなものです

 

 

 

穴は釘やビスで留めるためのもの

 

 

s-IMG_5219.jpgs-IMG_5217.jpg

 

 このようになります

 

 

 s-IMG_5195.jpg

 

 瓦を配置して 

 

下から葺いていきます

 

 s-IMG_5240.jpg

 

 先ほどの面戸と瓦の関係はこのようになります

 

瓦を葺いてしまえば、軒面戸は見えません

 

 s-IMG_5227.jpgs-IMG_5229.jpg

 

結構 隙間があいているのがわかるでしょうか?

 

屋根材の厚みとこの空間が断熱や防音に優れる理由だと思います。

 

 

s-IMG_5235.jpgs-IMG_5238.jpg

 

 

昔と違って瓦一枚一枚の大きさがバラバラということはありませんが、棟周りなどでは加工が必要となります。

 

 s-IMG_5362.jpgs-IMG_5301.jpg

 

 

 

 

 s-IMG_5299.jpgs-IMG_8425.jpg

 

棟の下地に漆喰を盛り

 

 

 

 

s-IMG_8421.jpgs-IMG_8423.jpg

 

瓦をビス止めして 完成となります

 

 

 

 s-IMG_5525.jpg

 

今回は 傷みの激しかった破風板と軒天は、塗装領域の下地処理による方法では無理そうだったので、板金とボード上張りで対処いたしました。(蔦の根の跡が取りきれそうもなかったので)

 

 

 

さあ、ようやく屋根瓦葺き替え工事が終了いたしました。

 

、まだ 塗装の仕事はしていません!

 

したがって、屋根は綺麗になりましたが…・・・

 

s-IMG_0002.jpg

 

壁は蔦どもが蔓延っています

 

 

 

 

 ツタージャ

ポケモンのツタージャは可愛いですが こちらのツタは・・・・・可愛くなくしぶとい!

 

塗装編は次回に続きます!

 

 

実はポカブのほうが好きな

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-004     埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

 

さぁ やっと塗装工事に入ることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんちゃって!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだツタージャとの闘いが待っていたのでした

 

 s-IMG_0008.jpgs-IMG_0012.jpg

 

 ゴシゴシ・・・・・・・ゴシゴシ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

安全を確認して

火炎放射!

s-IMG_0014.jpgs-IMG_0016.jpg

 

 

 壁にくっついている蔦の吸盤はとてもとても取りきれません。

 

ある程度まで処理したのちに、どのように吸盤跡を目立たなくするか?(隠ぺい工作ではありません お客さんの了解済み)

 

 と 考えたほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

このような TSUTAYA蔦家の塀も

 s-IMG_4088.jpg

 

 

 s-IMG_5704.jpg

 

完全手作業でなんとかここまで処理しました

 

 

 

 人間は植物に勝てないのかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

植物の生命力!門柱のモルタルのクラックを叩いてみると・・・・・・

 

 

 s-IMG_5700.jpgs-IMG_0019.jpg

 

ゲゲッ 根が生えていました・・・・・

 

 

 

 

 

外壁や外溝に蔦類が繁殖しているお宅はご注意を!

 

 

 

 

 

さて

 

 s-IMG_0024.jpgs-IMG_0028.jpg

 

ようやく 高圧洗浄作業に入ることができました

s-IMG_0020.jpg

 

 

 

 

 

パテ埋めやコーキングの処理が必要な個所も多いですね

 s-IMG_0029.jpgs-IMG_0041.jpg

 

 

 

 

 下部を根にやられていた反対側の門柱もクラックと表面の剥がれでひどいものです

 

 s-IMG_5701.jpg

 

 

 

 

コーキングとモルタルで補修しました

 s-IMG_0042.jpg

 

 

 

 s-IMG_0043b.jpg

サビサビだった門扉も錆止めを下塗りして しばらく乾燥です

 

 

 

 

 

 

続きの塗装作業は次回に・・・・

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-005     埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

 

塗装工程のご紹介・・・

 

 

 

 s-IMG_0034.jpg

s-IMG_0036.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧除け屋根や屋根周りの金属部分の錆止め塗装です。

もちろんこの前の段階で目粗しをしています。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_0048.jpgs-IMG_00531.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の方はまだ蔦跡が若干残っていますが、微弾性フィラーにて下塗りをしています

 

 

 

 

 

 

s-IMG_0056.jpg

s-IMG_0065.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっといつもの塗装工事らしくなってきましたね。

 

 

 

 

 

s-IMG_0076.jpg

 テラス塗装

 

 

 

 

 

ドア塗装各部位の塗装状況

 

 

 

 

 

 

 

メインの壁の仕上げ塗料は

 

 

 

 

ガイナ

 

 

 

 

 

断熱塗料 ガイナです

 

 

 

 

 

 

 

壁塗り1壁塗り2

 

 

 

色は下塗りの真っ白と比較するとクリーム色に見えますが

 

そこはガイナですから、日が当たるとかなり白く見えると思います。

 

 

 

塗装作業の仕上がりは次回に・・・・

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-006  埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

 

さて 最終回です

 

 

モルタルで仕上げた門柱も白い下塗りの後 仕上げ塗装です。

 

 

門柱塗装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので テラスは波板を新品のポリカ波板に交換しました

 

波板交換

波板交換2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では 仕上がりを確認していきましょう

 

 

 

施工前の雨戸

雨戸 前

 

 

施工後

 

上と同じ雨戸                        他の場所の雨戸

雨戸仕上がり2

雨戸仕上がり

 

 

 

 

 

施工前の軒                        施工後の軒

 

軒 前軒仕上がり

 

 

 

 

 

 

施工前の破風                      ここは板金でカバーしているので新品です

破風 前破風仕上がり

 

 

 

 

 

 

 

施工前の サビサビのトタン屋根           塗替え後 ピカピカ

とたん 前とたん屋根仕上がり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体的にはこのようなお宅が

 

全体 前2

 

 

 

 

このように仕上がりました

 

ガイナの25-92B色  白っぽく見えると思います

全体1

全体2

 

 

全体3

 

 

 

最後にご覧のように骨折状態の柵は廃棄処分にして

 

s-IMG_4145.jpg

 

 

 

 

新しく柵を取りつけました

柵 仕上がり1柵 仕上がり2

 

 

 

支柱からやり直すと大変なので、もともとの支柱を流用して

 

 

柵 留め金

汎用品のフェンスを取りつけましたので お安く済みました!

 

 

 

 

以上 長々とご紹介してまいりましたが、埼玉県さいたま市浦和区で施工させていただいた

瓦屋根&塗装工事の完成です。

 

(このお宅の完工後にあの東日本大震災がありましたが、もちろん屋根瓦は問題ありませんでした。)

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村