限界に挑む! 瓦屋根葺替え&塗替え工事施工例014-002 埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

まずは既存瓦の撤去から始めます

 

 s-IMG_4979.jpgs-IMG_4981.jpg

 

 

大分 年数が経過しておりますので粘土の類は乾燥して土(土埃)に戻っています

 

 

s-IMG_4984.jpg

 

防水シートも劣化が進んでいます

 

中央部分で防水シートの材質が異なっていますので、以前に増築をされているようです

(ご主人は記憶にないとのことですが・・・・・)

 

 

s-IMG_4996.jpgs-IMG_4998.jpg

 

既存瓦を降ろしつつ

 

 

 s-IMG_5049.jpgs-IMG_5035.jpg

 

屋根裏に入り込んでいる残土や植物類を掃除して、下地の補修作業となります。

 

s-IMG_5038.jpgs-IMG_5036.jpg

s-IMG_5018.jpg私の指が映っていますが・・・・

 

防水シートが寸足らずであったため腐食し始めていた部分を補修します。

 

 

 

次は下葺作業です

 

使用するのは潟`ャンピオンのチャンピオンです

s-IMG_4763.jpgs-IMG_4760.jpg

 

写真では段ボールの紙のように見えるかもしれませんが、非常に優秀な防水ルーフィング材です

 

名前の通り 「チャンピオン」 なのです

 

 

s-IMG_5058.jpgs-IMG_5062.jpg

 

 

 

ロールを伸ばしながらホッチキスのお化けのようなもので バシバシ留めていきます

 

曲がってずれないように ずれないように・・・・・

 

 

 s-IMG_5029.jpgs-IMG_5117.jpg

 

 

その上から 防腐剤を染み込ませた(緑色)木桟で抑えていきます

 

木桟の所々に切り欠きがあるのは、雨水の通り道です

下葺のルーフィング材の黒い点々のラインも雨水の通り道となります

 

つまり 屋根は屋根瓦で防水しているのではなく、その下に葺いてある防水シート(ルーフィング材 下葺材)で排水しているのですね

 

 

s-IMG_5086.jpg

 

 当然ながら継ぎ目が出てくるわけですが、しっかりと重ねて張り込みます。

 

 

 s-IMG_5089.jpgs-IMG_5114.jpg

 

雨水が上から下へ表面を流れるように、防水シートは下から上へと張っていきます

 

 

 

s-IMG_5118.jpgs-IMG_5119.jpg

 

 上から伝わってきた雨水がちゃんと排水されるように、樋の部分までしっかり葺いています

 

 

外壁塗装と同様に屋根も見えなくなってしまう下地の作業が大事だということがわかります

 

 

 

 

 

 s-IMG_5120.jpg

 

ちなみに廃棄物となった瓦は半分でトラックにいっぱいとなります

 

 

 

 

 

続きは次回に・・・・・

 

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店(屋根もできますよ!)の

さくらリフォームでした

 

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14015176
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)