塗装工事施工例027-001 さいたま市の塗装の剥がれた金属屋根塗装

今回は傷みの進行した金属屋根の再塗装工事です

 

 

IMG_0173.JPG (2).jpg

 

色が飛んで下地が透けていますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0177.JPG (2).jpg

 

 

錆 塗膜の剥がれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0182.JPG (2).jpg

こちらは1階の屋根を上から

 

 

左側は一度塗装をしたものが再度

剥がれてしまっています



完全に素地が露出して錆が発生しています









塗装は下処理が大事と常々言っていますが、金属屋根は特に下処理が大切です


工程の半分以上 下処理になるでしょう






では 早速



IMG_0179.jpg

まずは浮いている塗膜を剥がします



ゴリゴリ ゴリゴリ


ひたすら手作業になります












IMG_0183.JPG (2).jpg

瓦棒この部分も


手を抜かずにゴシゴシ
















IMG_0189.jpg

ある程度手作業で剥がした後に


平面は機械の出番です















IMG_0194s.jpg


浮いた塗膜 錆


を研磨して剥がしました



付着している塗膜は活膜として

そのまま再塗装する仕様です







IMG_0193s.jpg





















IMG_0201.jpg

塗装工程は


まず下塗の金属プライマーから


いわゆる錆止めです












IMG_0205.jpg

素地が露出してしまっている部分を


先に1回拾い塗しています


塗膜の段差は残ると思いますが

耐久性を増す目的です















IMG_0207s.jpg

1階の下屋根の傷みがひどいので

錆止め拾い塗りも結構な面積です
















IMG_0214.jpg

この付け根の部分が傷みやすく

 

塗料が入りにくい部分なので

 

刷毛でしっかり入れてあげないとだめです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0215s.jpg

この部分をいちいち刷毛で塗装しなくても

 

一回で棒の横と縦を塗れるローラーがあるそうです

 

 

今度 試してみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0216.jpg

2階の屋根も錆止め塗装に入ります

 

今回は勾配が緩いので無足場工事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0219s.jpg

自分の逃げ場と梯子の位置を考えて

 

塗っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0479.jpg

金属屋根の塗装を依頼する際には

 

金属プライマー(錆止めプライマー)が

 

屋根全体にしっかりと塗られているか

 

確認の為に写真を撮ってもらうようにしてください

(後の祭りにならないように契約前に依頼した方が良いと思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは別の物件です

 

IMG_7347.jpg

たまにこんな現場をみます

 

 

塗替えから年数が経過し

全体に色が飛んで下地の青が透けています

 

 

ボルト部分のみ赤さび色の錆止めプライマー

が入っています

 

 

 

 

 

 

 

つまり前回は錆の出ていたボルトのみプライマーを塗布し、その他の部分は下塗なしだったと推測されます

 

 

 

手抜きですね

 

 

 

錆止めプライマーというわかりやすい名称を使いますが、

 

下地または旧塗装面と新しい塗膜との密着プライマーですので、


現状が「錆ていないから塗らなくていい」 というわけではありません

 

 

 

 

 

 

IMG_7438.jpg

やはりこのように全景写真で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7436.jpg

下塗塗装の確認をしたいところです

 

 

手に塗料のついた状態でカメラに

 

持ち替えるのは厄介なことですが

 

これなら一目瞭然です

 

 

 

 

 

 

当社では塗料がついたり、それをシンナーで落としたりの繰り返しで

デジカメがすぐダメになってしまいますが仕方が無いですね

年に2、3台買い換えています(ヤフオクの中古ですが・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは施工宅に戻ります

 

 

IMG_0486.jpg

下塗=錆止めプライマーの塗布後

 

 

仕上げ材での1回目=中塗 ベージュ

 

の塗装です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0501.jpg

今回はルーフスターシリコンを使用しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0506.jpg金属屋根用の塗料です

 

まだ1コートしただけですが

 

このように光沢が出ています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0508.jpg

ついこの前までお隣の錆錆屋根と

 

同じような状態でしたが

 

こちらは綺麗になっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0510.jpg

施工宅は下屋根が四方にあって

 

屋根勾配が緩かったために

 

足場無施工でも全く問題なかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0532.jpg

 

塗装工程で見つかった破損部は

 

 

コーキングで埋めた後に

 

 

アルミテープで補修して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0533.jpg

再塗装します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0537.jpg

 

仕上げ材2回目=上塗りです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして完成

 

 

 

 

IMG_0552.jpg再塗装の塗膜もはげて

 

素地に錆が発生していた1階部分も

 

 

このように仕上がりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0554.jpg

1階下屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0545.jpg

2階大屋根

 

ぴかぴか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0547.jpg

 

ぴかぴか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0560.jpg

 

 

 

 

 

 

さいたま市浦和区での金属屋根

 

再塗装工事のご紹介でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金属屋根の下地処理が得意な

 

埼玉の塗装専門店さくらリフォームでした