劣化した壁の補修にお勧めの材料

今回は 曲がるシート建材 「マハール」のご紹介です

 

 

当社ではサイディング壁の劣化についてのご相談をよく受けるのですが、

 

補修・塗装を行った後に何か保護・美観に良いものは無いか?

 

と常に探しています。

 

以前にご紹介した 水に浮くタイル「カルセラ」もその一つです

 

塗替え施工事例010 カルセラタイル施工

 

 

今回のマハール

 

基本はシート建材といわれるものになります

 

メーカー真和建装さんホームページ こちら

 

 

 

 

 

施工事例です

 

 

磯邉邸 着工前.jpg

 

 

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磯邉邸 完了.jpg

 

 

施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装ができないタイル面  劣化が進んだコンクリート面などに有効です

 

 

 

 

 

 

 

柴田邸 着工前.jpg

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柴田邸 完了.jpg

施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装の技術では限界を超えてしまっているようなサイディング壁にも使われています

 

 

 

 

薄いシートのタイプは加工も容易ですし、曲面にも貼れるので

マンションやビルのエントランスにも使用可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

厚手のタイプのケンチ石調は

 

IMG_7320.jpg

 

 

 

これくらいの凹凸があり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7318.jpg

 

下地からの厚みがあります

 

(中央は水平方向にサイズ調整の為の

同色薄シートをジョイントしています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7311.jpg

 

上 右 下

 

は同色の薄いシートで調整していますが

 

違和感無く仕上がります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0966.jpg

全体に貼りあがると

 

このようになります

 

ALCパネルへの施工です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはさらに迫力の凹凸感 こぶ出し石調タイプです

 

 

IMG_0972.jpg

石調というよりも岩石調です

 

 

 

ディズニーのアトラクションの壁の様

雰囲気です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0636.jpg

 

こちらはさすがにすこし重いので

 

ビスにより補強をします

 

 

ビス頭は後でシートと同色素材で穴埋めします

ので目立つことはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7463.jpg

壁の付帯物周辺はこのように同色の

 

薄いシートタイプでうまく逃げることができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0970z.jpg

出来上がりはこちら

 

 

夕日に映える立体感のある壁になりました

 

 

 

この質感は

塗装では絶対無理ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装でできることといえば、石調のマハールに色を合わせて塗ることです

 

 

 

 

IMG_7445.jpg

道路面以外は塗装仕上げです

 

 

 

 

濃いこぶ出し石調部分はベランダ

外壁と同色にしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7322.jpg

 

石調なので何種類かの色が混ざっていますから

 

どの色を選択するかが難しいのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0975.jpg

屋根の金属カバー

 

階段手すり PSドア

 

1階道路面 廊下床外壁

 

ベランダ外壁

 

が濃いグレーで統一

 

 

となりました

 

 

 

 

 

IMG_7454.jpg

 

 

こちらは朝の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどお隣に2軒ほど新築戸建てが建ちましたが 負けない外観になったと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また マハールは室内でも施工可能です

 

IMG_1993.jpg

 

こちらは賃貸ビルの廊下壁

 

物が当たったりして腰下が傷んでいたので

 

その部分のみ上張りです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2002.jpg

 

本物タイルの張り替えとなると大変ですが

 

既存タイルの上に施工できるのでマハール

 

なら大きな音や粉じんがでることはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2011.jpg壁付帯物周辺のサイズ加工もカッターで

 

可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション 貸しビルのオーナーさんたちにもっと知っていただけると

 

改修工事の際 選択肢が増えると思います

 

 

 

 

 

 

 

一般戸建への施工例はこちら

026-6の最後まで進んで頂くとマハール工事の様子がでています

 

 

 

マハール施工と合わせて塗装工事も得意な

 

埼玉県の外壁塗装専門店 さくらリフォームでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイディングの構造

基本的なことですが サイディング壁の仕組みをご紹介します

 

 

 

IMG_7892.jpg

 

会社にあったサイディングの切れはしなので

少し汚れていますね

 

上下合わせて、上サイディングを少し横にずらせています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7888s.jpg

 

上側のサイディング端は写真のようになっていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7891.jpg

 

下のサイディング上端とかみ合うようになっています

 

当然のことながら、新築時には下から積み上げていく形になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7886s.jpg

重要なのは白いこの部分

 

 

 

ゴムパッキンの様なものが付着しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7890s.jpg

 

かみ合ったサイディングはこのような形

 

雨が降って表面を流れてきた雨水が、かみ合っている部分から

 

少し染み込んだとしても、このパッキンがあって

 

きっちりかみ合っているので中への浸水は

 

防がれることになります

 

 

 

 

 

新築時のサイディング端部はこのようにかみ合っているので

 

丈夫で浸水しにくい構造となっています。

 

 

 

 

さて このサイディングを部分的に交換したとしたらどうなるでしょう?

 

 

 

 

新築時の様に下から順番に積み上げる場合には、かみあわせることができますが

 

 

 

 

後からはめ込もうとすると、端部が邪魔になって

 

かみあわせることができません。

(下端部上端部どちらか一方はうまくはまるかも知れません)

 

 

 

IMG_7896s.jpg

 

なので 赤線部分の様に平らにカットした面同士を付けることになります

 

 

 

築10年を超えていれば、全体にゆがみや熱変形なども生じていますから

 

サイディング板の両端で寸法が異なるなんていう事も十分あり得ます

 

 

 

 

 

 

 

 

端部を加工して表面上は綺麗に仕上がったとしても・・・

 

IMG_7895s.jpg

かみ合っていない場合、雨水の浸入から守るパッキンの壁

 

が無いので、中に入りやすくなります

(即雨漏りというわけではありませんが・・・)

 

 

加えて 強度的にもずれが生じやすいですね

 

 

 

 

 

 

という事もあって、安易にサイディングの張替えは行わない方が良いという考えになります。

 

 

 

そうなる前にサイディング壁は 塗装による保護 コーキングの打ち替え が大事というお話でした

 

 

傷んでしまったサイディング壁の補修塗装も得意な

さいたま市の外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

 

 

 

 

 

 

サイディング壁の深刻な劣化事例その2     埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

深刻な劣化状態のサイディング壁 

 

こちらのお宅 塗装から6年経過です

 

 

2015-06-02 10.38.44.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-06-02 10.38.16.jpg

 

 

むむっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-06-02 10.37.52.jpg

 

 

 

 

むっむっむっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-06-02 10.35.57.jpg

 

 

 

あーっと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画でご確認ください

 

 

 

 

このお宅 他の壁面はまだ艶も残っており綺麗な状態です

 

 

しかしながらこの面だけ全体的に塗膜の剥離が起きています

 

 

前回の施工業者さん(ネット広告で良く見る塗装専門店さん)は

 

短期間(約1週間)で 

 

大人数(4〜5人)で仕上げて

 

費用は安い というタイプ

 

 

 

 

推測するに・・・・・

 

前回塗装時に既にこの面に何らかの不具合 または その兆候が現れていた

 

 

2015-06-02 10.38.47.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら短期間で仕上げないと 赤字になってしまうので

 

十分な下地調整の手間を省いた

 

 

といったところでしょうか?

 

 

結局 後からこの面全体を補修する必要がありますので

逆にトータルの工事費は高くついてしまったのではないでしょうか・・・・・

 

 

値段だけにとらわれずに現状把握と適した施工方法の選択が重要 という事です

 

 

 

少人数でじっくりやらせていただくスタイルの

 

外壁塗装専門店 さくらリフォームでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


サイディング壁の深刻な劣化事例 001      埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

サイディング壁のお宅にはジョイント部分にコーキング材が施工されていますが、壁や屋根のメンテナンスと同様に、コーキングもメンテナンスが必要です。 

 

せっかく足場を掛ける訳ですから、ほとんどのお宅にコーキングの打ち替えを強く お勧めしていますが、当然のことながら費用がかかる訳でして・・・・・・・

 

 

「傷んでる所だけちょちょっと直しておけば大丈夫!」

 

などといった同業者と相見積もりになったりいたしますと、とたんにこちらが余計な費用を強要しているような悪者になってしまいます。 とほほたらーっ(汗)

 

こちらとしては先のことを見越してお勧めしているのですが、その状態でコーキングメンテナンスの必要性を力説すればするほど、私の嫌いな売り込みをしているような気分になってしまうので(おそらくお客様もそう感じるでしょうから)、すっと引くようにしています。

 

そんなわけで劣化が進行してしまった事例をこの場で公開させていただいて、コーキングメンテナンスの費用を掛けるべきかどうかの判断材料としていただければと思います。

 

 

初期症状のようですが、実は結構劣化が進行しています。

 

 

北東出隅

IMG_7119.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目は塗膜表面のざらつきや膨れのように見えますが・・・・

 

 

 

 

IMG_7123.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗膜ではなくサイディングの素材そのものが剥離してきています

写真右側のコーキングが上部から劣化して吸水している為 3階から1階まで縦に8mほどずーーーっと劣化しています。

 

写真の1階部分は前回の塗装営業会社ぺ○タクンが定期メンテナンスと称して手の届く高さまではコーキングを上から塗っているので見た目は問題ないようになっています。

 

 

 

 

 

 

三階建て 北側の三階部分中央の窓サッシ上部

 

IMG_8240.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0417.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシで留った雨水が横方向に流れ、サイディングが吸水→塗膜と材の表面が劣化

 

剥離した部分に苔が繁殖したようです。

 

この部分の劣化は足場を掛けるまで誰にも判りませんでした。

 

 

 

2階 北西側出隅

 

IMG_8166.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンギンのぺ○たくん飛べませんから、手が届かない高さのこの部分のコーキング部は放置です

2階から上の各部分のコーキングは隙間だらけで用無し状態ですが、残念ながら下から見上げても気づきません

 

IMG_8167.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、表面の塗膜の劣化のようですが、指でこするだけでサイディング材がポロポロと剥がれてしまいます。

 

 

 

動画を見ていただくとどのような状態かよくお分かりいただけると思います。

 

 

  

 

 

 

 

 

築15年のお宅ですが、これまでの経過・・・・

 

  新築後5年程度でペンギンがマスコットの塗装営業の会社から「塗装をしないと駄目です」と言われ外壁のみ塗装を依頼

  コーキングのメンテナンスは行わず

  

その後3階バルコニーの内壁にサイディングの傷みが発生

 

  築10年目で 知り合いに屋根塗装のみ依頼 足場なし工事で施工 

  バルコニーのサイディングの傷み部分だけはついでに塗装してもらう

 

そして今回  バルコニー内壁のサイディング損傷が進行し、各所に塗膜の劣化 サイディングの劣化 汚れが目立ってきたため当社にご依頼いただいた  というわけです

 

 

 

私が推測するには・・・・・

  サイディングやコーキングの施工方法から推察するとおそらく新築時の仕上がりがあまりよろしくなかった

                    ・・・・建設した会社はすでに倒産

    

 

 5年目の塗装工事の際もコーキングの剥離等の症状は発生していたが、適切なメンテナンスを行わなかった 

                    ・・・・劣化部分に上から増し打ちした程度

 

 

IMG_8298.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真左側の撤去したコーキング断面に注目です

半分の色が異なる部分が増し打ちにより補充されたコーキングです

1/3から1/2程度の充填具合です

 

 

 

 

話をまとめますと・・・・・

最初の施工会社がしっかりとした施行をしていれば 5年目にノーメンテナンスでもここまでひどくはならなかったでしょうし、

5年目の塗装会社がコーキングのメンテナンス処理をきっちりとしていれば(予算等諸事情があったと思いますが)

やはりここまでにはなっていなかったと思われるのです

 

サイディングの張替を検討すべき状態ですが、部分的な張替というのは継ぎ目部分の防水処理などを考えますと簡単な工事ではありませんし、予算的な問題も出てきてしまいます。

 

これをどのように処理したかは次回に・・・・

 

 

 

 

「うちのサイディングも気になる!」がく〜(落胆した顔)

「我が家のコーキングも剥離している!」もうやだ〜(悲しい顔)

 

という方は点検 相談は無料ですから

0120-640-446 さくらリフォーム フリーダイヤルにご連絡を電話

 

 

埼玉県さいたま市の屋根外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

サイディング壁の深刻な劣化事例 002     埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

下地補修を始めます

 

 

 

3階バルコニー外壁 南側なので乾燥しています

 

IMG_8185.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサイディング壁の反対側(バルコニー内壁)はどうにも補修ができない状態でしたので、サイディングを貼り替えることとなりました

 

 

 

 

 

簡単に塗膜と表面が剥がれていきます

 

IMG_8187.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは北側 サッシ横の劣化部分

 

一見するとそれほどでもないように見えますが・・・・

 

IMG_8207.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーキングの隙間から吸水して劣化しています

 

IMG_8209.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大

 

IMG_8210.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーキングは機能を果たしていないので剥がしてしまいます

 

 

 

 

IMG_8226.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿ったいやなにおいがしますね

 

 

 

IMG_8227.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイディングの断面や裏側まで湿っているのがわかります

  

 

IMG_8260.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま乾燥させます

 

 

 

 

 

 

南側の乾燥している部分は劣化塗膜や劣化サイディングをこすって落とします

 

 

IMG_8182.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少ししっかりとした下地が表面に出てきました

 

IMG_8194.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北側の湿っている部分の下処理の動画です

 

 

 

 

 

各劣化部分を地道な手作業で処理していきます

IMG_8233.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降ったりする前に早く乾燥してほしいものです

 

 

IMG_8237.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安定な足場の上なので意外と大変だったりします

 

 

IMG_8250.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8251.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな作業をしていると あっという間に時間が経ってしまいますね

 

 

高圧洗浄から先に進めないわけですが、仕方がありません

 

 

お客様には経過をご説明しているので問題ありませんが

 

近所の人はきっと不思議に思うことでしょう

 

 

次の工程は次回にご紹介します

 

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店

さくらリフォームでした

いつもありがとうございます♪

0120-612-446

 

 

 

サイディング壁の深刻な劣化事例 003     埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

 

それでは補修作業に入ります。

 

現在の状態では、コーキングやパテ、テープ類も密着しない状態ですから、パサパサのサイディング表面をどうにかしてあげないといけません。

 

 

そこで通常は下塗りに使用する「シーラー」を吸い込ませて固めていきます。

 

 

 

 

IMG_8269.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色っぽい液体がシーラーです。

 

粘度が低い液体ですから、素材に浸透しやすく乾燥して素材を強化してくれます。

コロニアル屋根の塗装によく使用します。

 

 

IMG_8268.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も何度も吸い込ませていきます

 

 

 

IMG_8272.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面の剥離部分だけではなく、切り口(小口)部分にも吸い込ませます。

この部分がしっかりしてくれないと、新たに充填するコーキング材との密着不良が生じるからです。

 

 

IMG_8295.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗布と乾燥を数回繰り返していくと、表面の色が濃くなり艶が出てきます。

 

天候を気にしながら地味に一日こんなことをしていました。

 

 

IMG_8330.jpg

 

 

 

 

 

 

 

アップです かなりしっかりしてきました

 

 

 

 

 

少しぶれていますが・・・・

IMG_8336.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日のコーキング作業時に貼るテープもしっかりついていましたので大丈夫でしょう

 

 

IMG_8489.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8499.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイディングのジョイント部分とサッシ周りを新たにコーキングして塗装作業に入っていきます。

 

 

 

 

埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます

 

 

サイディング壁の深刻な劣化事例 004    埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

ここからはほぼ通常の塗装工程です

 

 

下塗りのシーラーを補修部分に先に塗っておきます

IMG_8530.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8539.jpg

 

 

 

全体をローラーで下塗りします(補修部分は合計2回下塗りすることになります)

 

IMG_8592.jpg

 

 

順調に進んでいるようで その反対側では・・・・・・

 

 

 

IMG_8581.jpg

 

 

補修不可能な状態になってしまった部分のサイディングの貼り替え工事をしています

 

 

IMG_8602.jpg

 

開口部の周りの雨染みがひどいですね

 

 

IMG_8614.jpg

 

 

新しく透湿防水シートを貼って補修します

 

 

IMG_8626.jpg

 

 

撤去した 劣化サイディングは雨水を大量に含んでいる為 ずっしりと重いのです

 

 

 

 

IMG_8629.jpg

一面だけ張替済みの状態

 

 

新しいサイディングは現状に近いものを選びました。

たいていの場合同じものは製造されていないので、ある程度妥協していただかなければなりません。

 

今回は外壁色に近い色合いのため、塗装はせずにこのままということになりました。

 

 

部分補修の場合 どこまで手を付けるかが問題となりますが、今回はバルコニー笠木の幅に

少し余裕があったので、既存の範囲内で収まりました。

 

理想を言うと、直貼りではなく通気胴縁を打ちたかったのですが・・・・

 

 

サイディングの張り替えも終わり、これでやっと本来の塗装工程が進みます

 

続きは次回に

 

 

 

 

サイディングの部分張替も得意な

埼玉県の外壁塗装専門店さくらリフォームでした

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

サイディング壁の深刻な劣化事例 005   埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

つづき

 

二階 三階部分にぐるりと貼りつけてある化粧板の接合部も劣化しています

 

IMG_8515.jpgぱっくり角部分

 

 

外壁に後付けですから室内への雨漏りの影響はないもののそのままというわけにはいきませんね

 

 

 

 

IMG_8521.jpg

 

バックアップ材を詰め込んで 上からシールしました

 

 

 

IMG_8523.jpg

 

 

下地処理として目粗しもしておきます

 

IMG_8586.jpg

 

 

 

 

壁の方は・・・・・・・

 

 

 

 

下塗りが終わった状態の 劣化部分

 

IMG_8643.jpg

 

凸凹はそのままです

 

西日が当たる部分なので、厚みを持たせて表面に熱がこもると劣化を引き起こすことが予測される為

 

ご主人と相談の上 このまま仕上げることになりました(手抜きじゃないですよ!)

 

 

 

 

クリーンマイルドシリコンの3分艶 SR-168仕上げ色にて中塗り

IMG_8674.jpg

 

 

 

しっかり計って硬化剤と混ぜて シンナーで希釈します

 

IMG_8675.jpg

 

 

 

 

 

IMG_8678.jpg

 

 

 

 

劣化部分 中塗り後

IMG_8722.jpg

 

 

 

 

こちらはサイディングを貼り替えたバルコニーの笠木部分 雨上がり直後

IMG_8647.jpg

 

 

ご覧のように支柱の付け根 笠木のジョイント部分にいつまでも水が残っています

 

IMG_8646.jpg

 

 

笠木はかなり紫外線ダメージを受けていますので塗装する予定でしたが、その前に

ちょっとひと手間かけておきます

 

 

 

IMG_8797.jpg

 

ジョイント部分のカバーはビス1本で留っているだけですから簡単に取れます

 

 

IMG_8840.jpg

 

年数が経っていますから当然シールも傷んでいます

 

 

 

 

IMG_8845.jpg

 

テープで養生をしてから

 

 

 

 

 

IMG_8854.jpg

 

 

コーキング

 

 

IMG_8860.jpg

 

カバーの裏にもたっぷり塗りつけて

 

 

IMG_8862.jpg

 

はみ出したコーキングを処理して完了です

 

 

 

 

IMG_8871.jpg

 

ついでに怪しいところもシールしておきました

 

 

 

 

つづく

 

 

埼玉県の外壁塗装専門店さくらリフォーム

0120-640-446

いつもありがとうございます♪

 

サイディング壁の深刻な劣化事例 006   埼玉県さいたま市の外壁塗装専門店さくらリフォーム

補修&下地処理に手間取りましたが、各面ごとに仕上げていきます

 

玄関サイド 中塗り

IMG_8963.jpg

 

なるべく窓を塞ぐ養生時間が短くなるように工夫します。

 

IMG_8971.jpg

 

ここは おばあちゃんのお部屋周り・・・・

 在宅率が高かったのですが、ちょうど旅行でお出かけになった時にササッと仕上げ

 

 

IMG_9093.jpg

 

配管の支持金物に錆止めを塗り

 

IMG_9095.jpg

 

霧除け屋根の金属部分にも同様に錆止め

 

 

 

IMG_9106.jpg

各階に入っている化粧板も塗装していきます

 

 

 

 

 

こちらは今回作業を行わない屋根部分(3年前に塗装済みとのこと)

IMG_9103.jpg

 

少し錆が出ていたのでタッチアップしておきます

 

 

 

 

IMG_9141.jpg

 

 

三階のお子さんたちの部屋部分

 

壁のベージュとサッシ&破風の黒と軒の白が綺麗です

 

 

 

 

壁が仕上がった後 最後に防水面のトップ塗装です

 

IMG_9152.jpg

まずはプライマー塗装

 

 

IMG_9158.jpg

2階ベランダもプライマー

 

 

 

IMG_9242.jpg

その後トップ塗装をして綺麗になりました

 

正確には1度 ゲリラ雷雨により乾燥途中に雨が降りまして・・・・・

 

やり直して仕上げています。

 

防水系の材料は値段が高いので 「イタタタッ!」って感じです

 

晴天率の高い冬だとこんなことは無いのですが・・・

 

 

 

 

ボロボロだった配管ダクトは、雨どいに合わせて黒い保護テープでグルグル

巻いたので違和感無いと思います(逆L字型に結構長くてしんどかった)

IMG_9249.jpg

 

 

 

 

では ようやくの完成です

 

IMG_9244.jpg

 

 

 

IMG_9248.jpg

 

 

 

IMG_9246.jpg

 

 

今回は補修を含めいろいろと手を加えましたので、見た目の綺麗さだけでなく

建物の寿命に関しても正常な状態に戻ったのではないのかな?と思っています。

 

以上 サイディング壁の深刻な劣化を補修した施工事例でした

 

築10年以内で状態の良いサイディングの場合はクリアー樹脂塗装での仕上げも可能です

 

サイディング壁のクリアー樹脂塗装事例

http://www.39ra.com/category/1440551.html

 

 

 

埼玉県の外壁塗装専門店 さくらリフォーム

0120-640-446

いつもありがとうございます♪