塗替え塗装工事施工例009-4 さいたま市の外壁・屋根塗替え塗装職人

 

 コーキング作業の続きです。

 

027換気扇コーキング.jpg

 こちらは換気扇カバー周り。

 

上から撮影すると宇宙船っぽいですね。

 

 

 

 

 

 

028サッシコーキング.jpgサッシ周りもしっかりコーキング。

 

どちらも建物内部への雨水の侵入を防ぐ為です。

 

 

 

029クリアー試し塗り.jpg西側の目立たない部分に、クリアー樹脂を塗布してみました。

 

若干 色が濃くなりますが、吸い込みもあるので表面がテカテカにならないようですね。

 

目地の部分は若干樹脂感が残りますが、艶消しなので問題なさそうです。

 

ブリックの表面が樹脂で固まり、擦ってもポロポロと落ちることはありません。

 

コレなら見栄え的にも問題ないのでは?

 

奥様にご確認いただくこととしました。(ご主人は出張中のためメールで確認)

 

 

 

 

 030屋根中塗り.jpg屋根の方は、中塗りに入ります。

 

 

 

 

 

こちらも全体の雰囲気に合わせて、三分艶でしっとり落ち着いた雰囲気になります。

 031屋根中塗り.jpg

 艶の有無しは、ご希望によりどちらでも可能ですから遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

032屋根中塗りa.jpg

 塗装直後は光りますが、乾くと落ち着きます。

 

 

 

 

 

 033下屋根.jpg

色あせの目立った下屋根も作業しています。

 

こちらはまだまだ他の作業で汚れますから、中塗りでストップですね。

 

 

 

 034錆止めa.jpg

シャッターボックスのような金属部位は、錆止めを入れてから塗装です。

 

白に白なので判りにくいと思いますが。

 

 

 

 035錆止めb.jpgコーキングをした換気扇カバーもサッシ色にあわせてシルバーから白に色替えしますので、錆止めから。

 

 

 細かいところもしっかりやっていることがご理解頂ければうれしいです。

 

 

 

036屋根仕上がりa.jpg

 屋根の方は上塗りを終えて、一足先に完了です。

 

ここから先は、原則 屋根に上がることはありません。(足跡で汚れてしまうので)

 

 

 

 037軒天a.jpg

軒天の塗装。

 

新築の現場の塗装の場合は、一発で仕上げたい(予算・工期の問題)ので白にずいぶん色を入れる要ですが、既存の塗装は全体に赤味を帯びていました。

 

  038軒天b.jpg私たちの場合は、二度塗りで色をのせるので(ノリが悪い場合には三度)より白く仕上げることが出来ます。

 

隠ぺい力が弱い色の場合は、丁寧に塗らないと駄目なのです。

 

 

 

 039養生a.jpg

こちらは壁の塗装に向けて、サッシの養生です。

 

綺麗にカバーしますので、感心されるお客様やご近所の方も多いです。

 

 

 

040中塗り.jpg

今回は 二階部分だけですが、下塗 中塗り 上塗りの三回仕上げです。(基本です)

 

 

 

 

 

 

 041中塗り.jpg

 下のブリック サイディング部分に垂れないように、養生してあります。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

ハイ 塗料の確認です。

042塗料確認.jpg

 屋根・サイディングにあわせて、モルタル部も三分艶 のしっとり仕上げ。

 

色番にご注目 「ニッペ」 とあるのは、日本ペイントさんの色番号だからです。

 

塗料は エスケー化研さんのクリーンマイルド 特殊アクリルシリコン塗料ですが、色の指定は他社でも大丈夫なのです。 面白いですね。

 

 

 043隙間塗装.jpg

こちらは玄関前の柱と木製フェンスの狭い隙間を塗装中。

 

オレンジの柄のローラーは隙間用の細いタイプ。

 

 

 

 044入りずみ処理.jpg

 入隅のひび割れ部は、ジョリパッドの近似色で仕上げました。

 

表面の駄目な部分を落とすと、下にしっかりとコーキングが入っていましたので問題ないと思います。

 

さすが、大手のハウスメーカーさん、見えないところも大丈夫のようです。

 

 

 045再養生.jpg

 こちらは再び軒天です。

 

クリアー樹脂の吹付作業の前に、一度塗装したところを再び養生します。

こんなことの繰り返しですから、養生テープもあっという間になくなります。

 

 

046クリーンSD.jpg

使用するのは 発売されたばかりの エスケー化研さんのクリーンSDトップ です。

 

 

 

 

選択の理由

 

既に発売されていた某大手のクリアー樹脂 は

   

臭いが強烈で近隣からクレームの可能性あり

 

施工手順が艶有りを塗布後、艶消し塗布の工程

 

の為、こちらを選択しました。 だいたい後から発売されたものの方が良い場合が多いので というのもあります。

 

 

 047吹付.jpg

 吹付作業です。

 

ネットの中はシンナー臭がこもりますが、外部への影響は少ないようです。

 

「ちょっと 臭いんですけどー」 といったクレームはありませんでした。(挨拶回りもしっかりやっていますからね)

 

 048吹付2.jpg

満遍なく均一に吹き付けていきます。

 

 

 

 

 

 049木部.jpg

こちらは木部。

 

 

 

 

 

 切りの良いところまで・・・・・というわけで暗くなるまで作業中。

 

051木部2.jpg

 

 

 

 

 

 

 さて 大分作業も進んできましたが、続きはまた

 

 

 

写真中央↓                   

さいたま市の外壁塗装なら!

有限会社さくらリフォーム

の塗装職人ブログでした。

いつもありがとうございます♪

 

 

 

 

 

Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13635240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)