クリニックスライドドア修理

 

引き続き ミニ工事のご紹介

 

 

いつもお世話になっている 馬場内科消化器科クリニックさんのドア工事です。

 

 

診察室へ入る際のスライドドア

 

開いてから手を離すと 自動的にスーっと閉まり 最後に速度を落として静かに閉じるドア

 

大分 年数も経つので スムーズに閉まらなくなっています

 

 

s-IMG_0504.jpg

 問題はこのワイヤーを巻き取る部品

 

 

 

 

 s-IMG_0511.jpg

最後に減速させるダンパー

 

 

 

 

 

どちらも部品がありました(仕様変更されていましたが)ので、交換だけで済みます

(部品がなくドア+枠ごと交換となると費用がかなりかかってしまいます)

 

 s-IMG_0500.jpg

一旦 吊られているドア本体を取り外して部品交換

 

 

 

 

 s-IMG_0514.jpg

新しい巻き取り部品とダンパーを取り付けて

 

 

 

 

 

ドアの閉まる速度と最後のダンパーの力加減を調整して完了です

 

 

無事にお昼休み時間中に終了いたしました。

 

 

 

 

こんな感じです。

 

これなら患者さんも看護師さん達も楽ちんですね!

 

 

 

 

ミニ工事のご紹介でした。

 

さいたま市のさくらリフォーム 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13774036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)