住宅業界の動向

最近こんな記事が出ていましたね

**********************************************************************

1990年代後半から勢力を伸ばし、郊外での格安新築住宅分譲で成長した「パワービルダー」。昨年末、そのパワービルダー6社が今年11月に経営統合をすることで合意した。

 統合するのは一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディホームの6社。いずれも67年創立の飯田建設工業(現・一建設)から独立したOBたちが興した会社で、飯田一男・一建設会長やその関連会社が株式を一部保有しており、業界では「飯田グループ」と呼ばれてきた。

 売上高を合算すると、およそ7800億円。業界最大手の積水ハウスの売上高の約半分の規模となる。一方、住宅供給数は約2万6000棟とダントツトップに躍り出る。つまり、それだけパワービルダーの価格は安いということだ。

 

*****************************************************************************

 

 

なるほど、私どもがお伺いするお宅もいわゆる「パワービルダー」系が多いわけですね。

 

アイダ設計 ポラスの中央住宅 タマホーム etc etc........

 

 

新築の物件を買う方は、内装や設備(キッチン お風呂 トイレ)に目が行って 外装はあまりチェックしない方が多いようです

 

 

 

 

築6年 補修依頼のあったお宅です

IMG_5650.jpg

 

釘部分より破損

 

 

IMG_5651.jpg

サイディングの不揃いコーキング剥離

 

 

 

 

IMG_5675.jpg

釘部分より破損

 

 

 

IMG_5692.jpg

コーキング剥離 釘穴放置

 

 

 

 

IMG_5753.jpg

まっすぐ切ろうよ! と言いたくなるくらい不揃い

 

 

他にもコーキングの剥離はあちらこちらに多数発生・・・・・・

 

 

冒頭に出てきた会社の内のどこかが建てた物件です

 

 

最初ははずれを引いちゃったのかな? と思いましたが、隣接する他の物件も同様な症状が

出ていましたので、正直 外装に関してはあまりレベルは高くないですね。

 

 

 

新築を買われる方は外装のチェックも忘れずに!

 

既に買われた方は時々チェックしてください 特に日射時間が長い面を重点的に!

 

 

放置しておくとこうなります・・・・↓

IMG_0417.jpg

 

もっと見たい方はこちら

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14691081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)