モルタル壁の補修工事     byさいたま市の外壁屋根塗替え塗装職人

本来は息抜きのページですが、短期間の工事でしたのでこちらでご紹介します。

(本当は「塗装工事施工例」とするとHP内のあちらこちらを設定しなおすのが大変なためたらーっ(汗))

 

始まりはこんなお電話から・・・・

 

「壁の一部分だけなんだけど、ひび割れを直してもらえないかな?」

 

ご住所をお聞きすると、私の生まれ育った地元 上尾市の上(かみ)! いわゆる町谷と呼んでいるエリアです。

 

後日下見にお邪魔すると、なんとびっくり50m先に同級生の家があり、子供の頃によく行った駄菓子屋さんのすぐ近くではないですか!

 

001施工前 当初.jpg問題のクラックは正面右手の二階窓の上部分です。

 

 

 数年前に塗装工事をされているということで、外壁の艶はまだ保たれていますが、生じているクラックが目立つのでどうにかしたいととのご依頼です。

 

「そのときの塗装屋さんには連絡されたのですか?」  と私が質問すると・・・

 

「いやぁ〜あいつらには電話したくないんだよねぇ」  とご主人の答え。

 

「・・・・・そうですかぁ・・・・」 と私。 まぁ色々ありますよね。

 

 

 002施工前 足元.jpg

玄関の上部、塗装する面の足元も色がひけているのを確認!

 

 

 

 

 

003施工前 全.jpg

 少し気になる点があったので良く見てみると・・・・

 

 

 

 

 

004ふくれ.jpg

あらら・・・・

 

塗膜の裏側に水が廻っていますね。

突っついてみると水がじわっと出てきます。こちらの方が問題ですね!

 

当初 二階一面だけのお話から、二面全体の施工をご提案することにしました。

 

その際に問題となったのがカーポート。 足場を組んで作業するにはどうしても邪魔になります。

 

ご相談したところ、ご主人の「もう古いから取っちゃっていいよ」の一言で問題解決!

カーポート撤去+外壁面2面のご契約となりました。

 

 

早速 洗浄開始!(他現場との都合上 雨天時に先行して洗浄作業のみ行っています)

 

 

 

 005洗浄.jpg

 

 

 

 

 

 

 

後日 晴天時にカーポートの解体から

 

 

 006カーポート解体.jpg

 ポリカの屋根を外し、上から順にすべてのビスを外していきます。

 

 

 

 

007グラインダー.jpg

 固定してあるアンカーボルトは、グラインダーで頭を削り取り、引っかかったりしないように平滑にしておきます。

 

 

 

 

008すっきり全.jpg

 カーポートが無くなってスッキリとしましたね。

 

一番喜んだのは、なんと隣のお宅の奥様!

解体時に結構な音がしたので様子を見にいらしたのかな?と思ったら、なぜかデジカメ持参。

数年ぶりに見えるようになった我が家を撮影したいとのこと。

「明るくなってよかったわぁ」とおっしゃっていました。透明な屋根のカーポートでも結構違うようです。

 

 009新たなクラック.jpg

さて、作業に戻りますと、隠れていたクラックを発見!

 

やはり 全体補修にしたのは正解だったようですね。

 

 

010足場.jpg

今回は2面だけなので、足場の設置も短時間で済みました。

 

 

 

 

 

 

011ケレン.jpg浮いてしまっている塗膜は「死んで」いるので、ガリガリと剥がして行きます。

 

 

 

 

 

012パテ.jpgクラックや剥がれの跡は、コーキングやパテで補修します。

 

 

 

 

 

 が、補修跡は塗膜では隠せないので、綺麗に塗っても「跡」が目立つことになります。

 

 

 

ので、吹付をして下地を作ることにしました。

 

そうです、あのおせんべい下地を作るのです。詳しくは 塗装工事施工例007-2の下の方をご覧ください。

 

  

 013 吹付.jpg

吹き付けタイルの凹凸作り。まずは吹付。

 

 

 このひと手間が仕上がりに大きな違いが生まれるのです。

 

 

 014 ローラー.jpg

少し乾燥したところで、硬いローラーで樹脂をつぶしていきます。

 

 

 

 

015 下地完了.jpg

 乾燥すれば 下地の完成です。

 

 

 

 

 

016鉄扉 分電盤.jpg

 塗装作業に入る前に、気になっていた塀の鉄扉と分電盤のプラカバーを下処理しておきます。

 

壁と同色ですのでおまけ作業です。

 

お客様は、生憎旅行中でしたので事前承諾もなく無断で勝手に塗ってしまいましたが、怒られることは無いでしょうね。

 

 

 017塗装.jpg

今回は部分補修なので、既存面との色の調整が大切になります。塗装してから数年たっている部分とうまくあわせることが出来るかどうかは、色のセンスが出るところです。

 

 

 

 

 

018足元.jpg019足元完成.jpg大分暗くなってきてしまいましたが、金属部分の塗装です。

 

壁面作業の足場の部分なので、作業が後回しになりました。

 

 

 

 

020塀完成.jpg

 

 カーポートの支持金物が固定されていて、塗膜がはがれていた塀の部分も綺麗になりました。

 

 

 

 

 021鉄扉.jpg 022分電盤.jpg

 無断で塗装した部分も完成。

 

 後で喜んでいただけました(ほっわーい(嬉しい顔))

 

 

 

 

 023窓屋根鉄部.jpg

出窓の上部金属屋根も茶色で塗装。

 

 

 

 

024クラック部分完成.jpg

大分暗くなってしまい判りにくいのですが、出窓の上部 ご主人が気になさっていたクラックも補修跡が目立つこともなく完成です。

 

 

 

 

 025玄関上.jpg

カーポート撤去後に現れたクラックも目立たないで仕上げることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 026完成.jpg

何がなんだかわかりませんが(笑)、既存面との色の調整もうまくいって、無事に完工となりました。

 

暗い中、ヘッドランプを点けつつ最後の清掃を行って地元の現場とお別れです。

 

 

このような部分補修の塗装工事も得意な さくらリフォームの塗装職人でした。

ご相談は無料ですから遠慮なく 0120-640-446またはメールフォームから

いつもありがとうございます♪

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)